スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

一人よがり

今月5日に行われた社員全員参加の「安全対話」の中で、配られた冊子

「職場の教養」

について、ご紹介したいと思います。

全36頁の冊子で、1日1頁を読むようになっています。

ちなみに今日、8月25日は・・・

タイトル「一人よがり」です。

故事「四面楚歌」の意味は、一般的には「周りに敵ばかりのこと。孤立無援の状態」です。

しかし、その史実は・・・

中国の戦国時代、軍人・項羽が敵国の漢軍に取り囲まれ、四方八方から聞こえる歌声を聞き、観念するのです。

しかし、その歌声は、見方の兵士が歌う楚歌でした。

彼らは敵が優勢と見ると、たちまち寝返ってしまったのでした。

自分自身に自信や信念を持つことは大切です。

しかし、それが「一人よがり」にならないよう、十分に注意を払いたいものです。



↑という内容です。

周囲の人とのバランスの取り方は、大変難しいものです。

スポンサーサイト

2010/08/25 14:00 |未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。